スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『身体と想像力』 第3回報告

3回目はヴォイスパフォーマーの巻上公一さんによる「こえの探検・からだごと」。

普段は話すだけ(時々歌う?)になってしまっている「こえ」をもっと自由に。

軽くジャンプして身体をほぐした後は、唇を振るわせたり、いろいろな高さの声を出すことで、唇や喉の筋肉を活性化。
高い声、低い声、弾く音、唸る音…。パートに分かれて交互に声を出したり、フォローする人と同じ声を出したり、ゲーム感覚で楽しく進みながらも、いつもとは違う声を出すことで喉も脳もヘトヘト。
いかに狭い範囲の音域、音色の声しか出してないことに改めて気づかされます。

さらに、指揮者がタクトを振るように手で音の高さや表情を表現しながら、隣の人に「こえ」をつなげるワークでは、それぞれの個性豊かなパフォーマンスを披露するまでに! 人って一人ひとり違った魅力があって、すご〜くステキだなぁ…、としみじみ思いました。

今回もご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
また最後はバタバタで、アンケートの記入のお願いと回収を忘れてしまいました(^^;)
次回お持ちいただけると有り難いです。

さて、次の第4回は年を跨いでしまいますが、1/24(土)に開催。
メディアアーティストのクリストフ・シャルルさんによる「メディアアートと環境・大学などの取り組みから」です。

どうぞお楽しみに〜♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。