スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『身体と想像力』 第1回報告

第一回目は身体の空洞をイメージする、竹を使っての響きを楽しむ時間を
パーカッショニストの入野智江さんによるワークショップ。

豊かな音色をあえて形でいうと丸い感じのする竹マリンバなどの響きの広がる演奏の後、
直径10~15cmほどの真竹で
<短い竹筒を地に打つ・スタンプ>竹の筒で、竹の空洞の長さと音の違いを体験。
<長い竹筒を上から打つ>節を抜いてみる、その節の長さで音色が変わる、その響きの違いを一人一人体験。
<響きのキャッチボール>両手に持った竹の楽器を打ち音を出し、その音でキャッチボール。
<バリンビン・め竹の楽器>音叉のような竹の楽器、手で打って音を出す。
形に切っているだけでは音は出ず、その先に切込み筋を入れることで音が出る。
最後にみんなで歩いて動いて演奏パフォーマンス!
あっという間に時間が過ぎました。

入野さん、そしてアシスタントの岩田さん、そして参加者の皆さま、たのしくすてきな時間をありがとうございました。
またたのしみにしています。

2回目は鍼灸師の関野玲子さんをお呼びして「からだの内外…触れることから」です。

IMG_0927_3.jpg


****アンケートより

・オープニングでの竹マリンバの演奏、「バリ」で本日のテーマ“竹”の音色、響きがおなかにど~んと響きました。久しぶりに新鮮な感覚、嬉しかったです。
参加できて良かった。ありがとうございます。

・まず、竹の音はタヌキの音だ!と感じました。とても楽しかったです。ありがとうございました。

・かなり貴重な体験をさせて頂きました。楽しかったです。自分の生き方を考える機会を与えていただきました。

・中学生の頃読んだ庄野潤三の「星の牧場」という本が大好きでした。高原のお花畑にアンコロンという楽器の音が響きわたる様子が美しくどんな音かと想像していましたが、今日は生演奏が聴けて嬉しかったです。最後に皆でリズムをとって歩いたセッションがとても楽しかったです。今日はありがとうございました。

・懐かしい身近な竹の楽しさをありがとうございました。竹は広がりありますね、宇宙的です。音と体の一体、ボール遊びは年齢を問わずどこでも楽しめ広がれます。イメージを膨らませることか。入野さんの力量・人柄素適!準備~開催までスタッフの方ご苦労様です。

ご参加、またアンケートにご協力いただきまして、ありがとうございました。
第2回もみなさまのご参加を楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。