スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賛助のお願い

玉川上水ライフらいんprojectの賛助のお願い

玉川上水を場に交流の場を作っています。
玉川上水は公共の場なので、茶屋で公にお金を扱う行為は出来ません。
活動にご理解頂き賛助・賛同いただけましたら有り難いです。

主な活動:
年5回、玉川上水の遊歩道で通りかかる人に無料でお茶をお出しし交流の場作り。
年1度の企画イベント(今回は3/23に三鷹の明星学園高等学校の会議室をお借りし「玉川上水から~水・いのち・からだ・私たち」と題しトークと交流、からだと声のワークショップ)

目的:
玉川上水を場に地域の歴史や昔の知恵や環境を生かし、身近な場で年齢・地域・活動領域を越えて交流しながら、この生活が様々に影響し合っていることを基に、アートの手法を生かしさらなるコミュニケーションを行い発信する。

こんな思いを持って活動しています…
①道行く知らない人と挨拶をしないような時代となりつつありますが、せめて
この緑豊かな玉川上水では、道行く人と挨拶し少しお話しするような、ゆったりと周囲の存在を感じる時間を作りたい。

②ネット社会となり、必要な情報を便利に簡単に手に入れられる時代となりましたが、直接人と出会い話を見聞きする、共にその場にいてそこで感じることや伝わる伝えることを大切にしたい。

③私たちの生活が様々な存在と繋がっていることを知り感じ考えるささやかなきっかけの場として在りたい。今の私たちの生活は、ほとんど用意されたものを買って使う便利な生活ですが、こうした生活の背景を少しでも知り日々の生活を自分で考えて選べるような情報交換の場を作りたい。



〇賛助…玉川上水に近い又はご理解くださるお店や会社
前年度に引き続き賛助下さる方     一口 1,000円
新たに賛同してくださる方       一口 2,000円

→・3/23当日パンフと年5回の茶屋のチラシに広告を掲載致します。                   
(広告の大きさは一口で<高さ3.5cm×横6.5cm> 3/18まで)
・メールで活動のお知らせ連絡いたします。


〇賛同…ご理解くださる個人の方   一口500円
今年の茶屋ではワークショップも行います。その活動のお知らせを致します。


詳しくは
tamagawajousui.lifeline@gmail.com まで

よろしくお願いいたします。







スポンサーサイト

目  的

玉川上水を<つながる>をキーワードにとらえ、玉川上水の歴史や昔の知恵、希少な自然が残された環境を生かしながら今を知り、地域や地域を越えさまざまな人・周囲と出会い共生する場を目指します。今ある様々な現状や考えを出来る限り認識し、年齢を超えて生活や経験につながるコミュニケーションの場、共に想像し合い共に形を制作する場を作りたいと思っています。

取 り 組 み

移動茶屋をコミュニケーションの基盤に行いながら、地域や様々な方面の人と、身体のあらゆる感覚や表現を元にアートによる方向付けやアイディアから、トークやワークショップ・コラボレーションを通して形作っていく場を設け、更なるコミュニケーションへと展開することを考えています。

テ ー マ

Project1:玉川上水サイト&サイクル

<ワークショップ>:ビデオ撮影PCアップWS  :全行程ウォッチサイクリング
<展示>玉川上水を味わい知る映像コラボレーション <トーク>玉川上水リレートーク
<シンポジウム>暮らしの景観、暮らしの乗り物、暮らしの道 

Project2:測量してみよう /Project3:さまざまなかけ橋 
Project4:ことば・文字声・からだ /Project5:蛍から光とエネルギー
Project6:水の流れ、自然・いのち

これまで   
‘09/4/18交流会準備、5/23交流会其の壱(カフェ・シントンにて)<玉川上水を知る、語る。>
9/11玉川上水散策(玉川上水駅~東大和駅)、10/11交流会へ向けて準備会 
11/28茶屋deトーク茶屋deショー(小平) ‘10/1/24新年会・散策(三鷹~久我山)  
2/28ムラサキの種 3/28茶屋deトーク、沖島監督の話をきこう(in久我山)

これからの予定  茶屋deトーク (9・10・11月)、 サイト&サイクル・プレイベント、
試行運営期間としてコミュニケーションあるプロジェクトの可能性と継続を模索していきます。
 
運営メンバー、賛同を募っております。どうぞお気軽にご連絡下さい。




*************

玉川上水の歩く小さな茶屋のこと。

2007年の7月終わりの夜、玉川上水沿いを
喜平橋から東へ歩いていたら、
向こうから赤い提灯がゆらゆらやってきました。
近づいてみればおばあさん二人。
ちょっと不思議だったのでお話うかがうと、
この地域のちょっと遅れたお盆の迎え火でねと、
昔桜の頃は玉川上水沿いのおばあさんの家で
茶屋をやっていた、と思い出話も話してくださいました。

そんなお話から玉川上水でのコミュニケーションの一つに
茶屋をイメージしてみることにしました。
年に5回ほど、こうした茶屋を
さまざまな玉川上水沿いで行う予定です。
皆さんのお話しもどうぞうかがわせてください。

*******************

玉川上水ライフらいんprojectは、玉川上水を場にしてつながるをテーマにして、
身近な所で小さくてもみんなで夢を作り感じる場を共有できたらと思っています。

映画館の映画や照明の当たる舞台や美術館の絵画だけが夢を見る場所ではなくて、
この現実の身近な世界に、文学のような心のひだを感じる美しいもの・こと、人と人との関係性、
そして物事を別の側面から見られることの可能性とおもしろさを見つけ出し、
共感し合いコミュニケーションをできるなら、すてきだなと思っています。

*****************


カレンダー
05 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。